あれから1年。

早いもので。

入学した…と思った娘。

「あ」っっというまに、終業を迎え、2年生になると。

息子は中3になると。

受験生ですか。

受験生の母ですか。

大丈夫ですか。

…来年の今頃はどうなっているのでしょうか…。

はやっ!!!

こう、誕生日や年末といった『区切り』になると、
いつも思う事が。

「…この1年、何をやってきたんだろうか…」

遠い目をしてしまいますね。

なーーーんもなかったわけではないですが、もちろん。
嬉しい事も、痛い事も、つらい事も、楽しい事も。

それから、もう一つ。

「みんなが揃って、元気でいる」

…まあ相方は、花粉症でもあり、フラフラなので「元気」ではないのが
「正常な状態」である…という(^^;)

男性というものは、自分で納得しないと、病院を変わる…という事すら
なかなかしない生き物で。

ウチの相方はその傾向が強い。

「小さい頃から診てもらっているから。あの先生でなくなったら転院する」

40度の熱で、1時間近くかけてそこへ行く、もうすぐ50代。

何の義理立てだ。
どうせ処方される薬に違いはないんだから、
近くでパッと済ませたらいーじゃねーか。

倒れて、運ばれて、病院に迎えに行く…というメンドーな事に
巻き込まれるのは、私なんですけど。

おばちゃん達に「えーーー???危ないじゃない」
非難ゴーゴー浴びるのは私なんですけど。

…というえげつない言葉を、やわらかーーーーーーーーーーーーーく伝えつつ。
冷たい視線は隠せないもうすぐ40代(^^;)

…何の話だった…?


まあ、とにかく。

この1年は早かったな、と。
私自身が『委員長』という大役があったしね。

自分の名前だけ、ギリギリ書けて…の入学だったハコが、
ひらがな・カタカナ・漢字を覚え、読み書きをし…。

数字の概念すらなかったハコが、
100の位までの数を認知し、計算し、時計が読めるようになるという。

『字がていねいに書ける』 → 「がんばりましょう」

「…だよね~…もうちょっと…アレよね~…」激しく同意するけど。

1年間、よくがんばりました!!!!!











まあ、別に、別欄にする必要もないんですけどね。

…。

「つまんなっっっ!!!(@0@;)」

いたって、フツーーーーーー。

ごくごくフツー―――――に、ほぼ「3」。

1つ「4」がある…という。

それも1年間通して(^^;)

『可もなく不可もなく』?

無さすぎじゃねーーーー????

…「2」とか「1」とかもらってきても大変なんだけどもさ。

本人も、渡す時、

「えーーー…おもしろくないとオモイマス」

自覚しておられる(^^;)

4月からは、遅まきながら、塾に行かそうと思っている所で。

どんな所がいいのかな~…考え始めると、そういうチラシがどんどん来て。
時期的にも大量発信なんだろうけどね。

いろいろ在りすぎて、もう考えるのメンドくさっ…。

いやいや。
これからこれから。

本人とも話してはいるんだけどね。
なんだかんだ言ったって、
塾に行くのも、勉強するのも、受験するのも、モトなんだから。

1度3DSが欲しくて、約150人中50番台に上がったもんだから

「やればできるんだよねー」

過信しております。
…そのすぐ後のテストでは、上がった分、そのまま落としたくせにね…。

だから、こう言ってやりました。

「このままだとダメな大人に一直線だわね…。
 『俺はやればできるんだ。まだ力を出してないだけだ』言いながら、
 できないのをヒトのせいにするヤツになるんだわね…」

本気でイヤがってましたけど。

相変わらず勉強してませんね(==;)

優秀な学校に行くのが幸せとは思ってないし、
正~~直、ドコを出ようが、生きていくのに何の問題もない。

けど。

将来『なりたい』と思うものが見つかった時、
または見つかってなくても、
選択できる幅が大きい方がいいとは思う。
私自身が「上り」「下り」で1校づつしか選択できなかったから(+0+)
高校からでも勉強はできるとも思うけどね。

ま~…まだ4月にもなってないから。
メンドーくさい事はまだいっか?

結局、何歳になっても、モトが最初の子なので、
何もかもが「最初」になるんだよね~。

分からないなら分からないなりに、一歩ずつやっていきましょう。

まずは春休み。

3食のご飯。

がんばるぞー。

…レベル低っ…。
[PR]
by masya-10de5 | 2013-03-27 17:50 | 成長記録

 困った相方と子供達と作ったもの。


by ましゃ
プロフィールを見る
画像一覧